もう数十年、冬をこの地で過ごしている、雪が積もってた年も何度かあったが、こんな雪の光景ははじめてだった。丁度年末に、デジカメとデジ一を購入したとこだった。さっそくキャノンEOSX2の標準ズームと望遠ズームで撮影してみた。モチーフがよかったのか、面白い写真が撮れたように思う。自然の風景、風物は、本当に一期一会だと思う、住んでいても、なかなか見ることはない光景だったようだ。



1.降る雪に、凍る里山の木々



2.ガスが湧き上がってるのか、雪煙なのか分らないが、幽玄の美だった



3.この写真を見ると、雪煙のような気がする



4.庭の剪定された枝先の雪に寒さを覚える



5.小一時間ほどで雪は止み、家の前の川面に西日が差し、美しかった



  人の感性は、百人百様、自分自身の感じ方を大切にして、今後も撮りつづけようと思う。プロではないので綺麗には撮れないだろう、でも自分自身の想いでとしてなら、僕の心には残るものがあるだろう、備忘録にふさわしい写真を残してみたい。